Base Meccanica

1299 Superleggera「Base Meccanica」(ベース・メカニカ)は、最先端のテクノロジー、特殊素材、高度なクラフトマンシップ、厳格な生産メソッド、卓越したデザインとクリエイティビティを示すものです。「Base Meccanica」は、1299 Superleggera によるレース用マシンから直接フィードバックされたテクノロジー、軽量構造、そして公道走行可能なモーターサイクルにおいて、ドゥカティ史上もっとも先進的でパワフルなエンジンを搭載します。

例えば、グランドコンプリケーション機能を持った腕時計は、ただ単に時刻を表示するだけでなく、時計そのものがマスターピースとしての価値を備えているのと同様に、「Base Meccanica」も、ただ単に走るだけのモーターサイクルとは一線を画した存在となっています。エンジニアリングの粋を集めたフルカーボンファイバー・シャシの中には、公道走行可能な史上もっともパワフルなL型2気筒エンジンが収められています。

ドゥカティのエンジニアは、時代の最先端をゆくハイパフォーマンス・モーターサイクルを製作するために、すべての叡智を注ぎ込み、驚異的なパワー・ウェイト・レシオを実現しました。細部にまで決して妥協しない「Base Meccanica」により、極限まで重量がそぎ落とされる一方で、スーパークアドロ・エンジンは、かつてないパフォーマンス・レベルに到達しています。このモーターサイクルは、あらゆる側面において、究極のパフォーマンスと研ぎ澄まされたハンドリングを提供します。

1299 Superleggera では、ドゥカティの専門知識とスキルを結集させた究極のテストが実施されています。航空宇宙産業で採用され、最高の精度と品質が要求される生産メソッド、テスト手順、そして品質管理手法が幅広く適用されています。「Base Meccanica」は、驚異的なテクノロジーを実現するという目標の中で生み出された最先端のノウハウを示す具体例

video #5

video #6